まるっきりの 善人になることなど出来ない

 

こんばんは!

 

昨日は、千と千尋の神隠しの
モデルとなったと言われる
九分に行きました。

もの凄い雨風になってしまい
残念ではありましたが、

 

何が出てくるか分からないような
不思議な夜の町の雰囲気を
さらに味わうことが出来ました!

 

IMG_1769.JPG

 

九分の雰囲気に刺激を受けたのか、
夜中に夢をみました。

 

文章にするのは難しいのですが、
書いてみます。

「ほんとうに大切なこと」

 

ちょっと重い話しですが、
私が伝えたい本質です。

 

 

あなたは、
他者や自分を責めていませんか?

 

あの時の後悔

 

どうしても許せない

 

罪の意識を感じる

 

そのような想いを持ち続けて
いることを”罪びと”と言います。

 

旧約聖書には、
人間がこの世に誕生してから
行ってきた悪の限りをつくしてきた、
ありとあらゆる
“罪”について書いてあります。

 

それは、私たち人間のDNA
刻まれているので
無くなることはありません。

 

あなたはいつまで“罪びと”
居続けますか?

 

そんなことはありません。
私は悪いことなどは
金輪際したことはありません。

 

そう信じている方が居ると
したらお聞きします。

 

これまでに、心の奥底で
人に対して怒りを感じたり、
妬んだり、恨んだりしたことは
ありませんか?

 

あるいは、うっかりと人を傷つけて
しまったことはありませんか?

 

誰でもありますよね。

 

そう、私たちは、まるっきりの
善人になることなど出来ないのです。

 

私たち人間から、善と悪
切り離すことは出来ないのです。

 

だとしたら、
あなたは善と悪のどちらを
選んで生きますか?

 

今この瞬間から
善を選んで生きることが出来ます。

 

それには、過去に囚われている
様々な感情を解放する
必要があるのです。

 

他者の罪も自分の罪も認めた上で
全て許していくのです。

 

その作業をあなた一人で出来ますか?

 

そのお手伝いをさせていただく
ことが私の使命です。

 

なぜ私がそんな仕事をしているの?

 

私自身が罪びとであることを
知っているから・・

 

それを許すことをし続けて
いるからです。

 

ちょっとまとまらない話になって
しまいました。

 

このような話を
私とガチに語り合いたい方は
いますか?

 

IMG_0517.jpg

役にたったと思われましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA