大人になっても ”恨みに思っている”

 
 
こんばんは!
 
 
 
大晦日から、今日まで息子と、
娘の家族と一緒に名栗の
温泉旅館で過ごし
帰って参りました!
 
 
 
帰りには、飯能にある
父のお墓参りをして感謝を伝え祈り、
お天気にも恵まれとても
良い骨休めになりました。
 
 
IMG_1650.JPG
 
 
 
あなたは、
家族で過ごすことの多いこの時期、
これまで沈殿していた問題が
浮き上がってきたりしませんか?
 
 
 
ちょっとした出来事から、
 
 
 
妹:
「あの時もお姉ちゃんそうだった!
いつも自分勝手!」
 
 
 
姉:
「何言ってんのよ!違うでしょう〜
それはお兄ちゃんよ!」
 
 
 
昔の話題が蒸し返され・・
 
 
 
兄妹喧嘩が勃発!!
 
 
 
なんて!あるあるですよね〜〜
 
 
 
私はこれまで、7000名の方の
お話をお聞きしてきましたが、
 
 
 
実は、幼い頃に両親に言われたことや、
されたことを大人になっても
 
”恨みに思っている”
 
方がとても多くいるのです。
 
 
 
恨みではなくても、
悲しみや、
自分なんていない方がいいんだ・・
などという感情として
残っていることも!
 
 
 
普段は忘れていることですが、
お正月などで家族が集まると
モヤモヤと浮き上がって
くるのですね!
 
 
 
あなたも、思い当たることは
ありませんか?
 
 
 
さて、ここで質問です。
 
 
 
その幼い頃の記憶は本当に
真実なんでしょうか?
 
 
3歳の頃の自分の判断をどこまで
信じられますか?
 
 
 
 
今回、孫と娘と過ごしていた中での
会話で娘が面白いことを
言っていました。
 
 
IMG_1582.JPG
 
 
「私は、ママみたいに子どもを
怒ったりしないで育てるって
決めてたけど、
yuが、わぁお!!って
びっくりすることをするのよね〜〜」
 
 
 
「ママに外に出されて、ひどいこと
されたって、恨んでたけど・・・」
 
 
 
「本当!ママの気持ちが良く
わかったわ〜〜〜」
 
 
 
 
そうなんです!
 
 
幼い頃は自分の思い通りにしたい!
という”エゴ”が強い時期です。
 
 
 
その頃の”エゴ”からの判断を
信じられるはずがありませんよね!
 
 
 
ところがです!
 
 
 
驚くことに大人になった自分が、
3歳の頃の自分に操られて、
 
 
 
今、親に仕返ししていることも
ありえるのです。
 
 
 
そんなカラクリを知らないでは、
幸せに生きられるはずは
ありませんからね!
 
 
 
私とのセッションでは、
半年間かけて、
今の大人の自分に決定権を取り戻す
作業を丁寧に行っていきます。
 
 
 
そのような仕事を11年間も
取り組ませていただいている私が、
親を一番恨んでいた
張本人ですから〜〜笑
 
 
 
だからこそ、あなたの
気持ちが良く分かるのです!
 
 
IMG_0524.jpg
 
 
 
明後日の4日の夜に
 
 
2019年こそ、
本気でこれまでの人生を変える!
 
 
と決意されている方への
”リッチマインドセッション”
 
 
体験と、プログラムのご案内の
お知らせの準備をしています。
 
 
 
自分のことだ!と思い当たる方は、
メルマガを開封してくださいね!

役にたったと思われましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA